バレックス代替樹脂容器の開発に成功!

皆さんお久しぶりです。

バレックスの騒ぎから約1年半になりますか・・・

ようやく先月20日の『容器展』にてバレックス代替樹脂容器を発表させて頂きました。

併せて新しい化粧品用のPETのインジェクションブロー容器で厚肉容器や2色成型容器、縦リブ容器、又おしゃれなポンプディスペンサーなどを展示させて頂きました。

予想だにしない大盛況となり、足をお運び頂きました皆様には御礼申し上げます。

香料メーカー様向けに「N-スリーFボトル1.3L」を案内開始致しましたが、あくまでもこれはバレックス代替樹脂を使用した容器の名前であり、容量、形状、色等ご相談に応じる事が出来ます。

今後、500mL、100mL、50mLなどシリーズ化は考えておりますが、これには【ユーザー様の声】が強ければ強いほどスピードアップしやすくなるものです。どんどんお声を頂けましたら有り難いと思います。

展示会を終え、思っていた以上にバレックスが無くなった影響でお困りの企業様が多いと感じました。

より多くの企業様にバレックスに替わる樹脂容器を東洋硝器が作れるという事を知って頂きたいのですが、何分知名度も低く、宣伝力も乏しい為、どこまで出来るか・・・という不安はありますが、とにかく高機能でコストダウンも考えた優れものですので、パンフレットや香料産業新聞さん、香料協会誌さんなどの力も借りながら、出来る限り広めていきたいと思います。

皆様の口コミにも大きな期待を持っております。(他力本願とは思わないで下さい)

ちなみに特許の申請等もあり、詳細は開示出来ない部分がありますが、サンプル品を試験頂くなどは可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

久々の更新を飾るのはやはりこれ!

皆さんこんにちわ。

何年ぶりでしょうか

たくさんの方からホームページはめっちゃ良くなってるけどブログが・・・・・とお声を頂いておりました。

書きたい事は山ほどありました。

でも大人だから子どもの相手をしてはなるまいと我慢していたんです(良い言い訳だな

正義は勝たなきゃ世の中増々おかしくなるよ

神様仏様お願いしますよ悪には罰を笑

それはさておき(笑)私ども東洋硝器の第29期決算を無事終え、30期がスタートし早3か月半が経過しました。風評に耐え、苦戦しながらもなんとか真面目に頑張っています。

そんなスタッフの為にも頑張らなければなりません。

苦戦ムードを払拭するような1大イベントが無事15日に終わりました。ビックサイトやインテックスで開催されるような超大規模なものではありませんでしたが私ども初の展示会に出展をさせて頂き、例え業界の違う企業様でも私どもの取り組みをアピールする事が出来ました。それはそれは不安で、当日の朝8:30に会場入りし、開場の10:00を過ぎるあたりまで心臓バクバクでした。何人の方が来て下さるのか・・・・・興味を持って頂けるのか・・・・・などなど。

ところが嬉しい事に約50社の企業様との出会いのご縁を頂く事が出来、大変な自信に繋がりました。スタッフも同様の気持ちだった事が何よりの喜びです。早速来年は・・・・・と前向きな話も出ているくらいです。

今後はお仕事になる、ならない、なっても大きい、小さいと様々あると思います。そんな甘いものではない事くらい億も承知です。

この出会いのご縁からあらためてお会いできるのですからわくわくですよ。

タイミングよくじっくり研究してきた「N-スリーFボトルⅡ」というものを展示させて頂きました。展示会のみならずホームページなどから大きな反響を頂いており、製品化に向け最終局面に差し掛かっておりますがこちらも非常に楽しみです。

あらためてご来場くださった皆様には感謝申し上げます。

ブースの写真をちょこっとアップしておきます。

 
image1

久々にもかかわらず最後までお読み頂き有難う御座います。

これからも真面目な東洋硝器をよろしくお願い致します。

とうとう・・・

皆様、こんにちわ
すごく良いお天気でまたもや花粉満開です

昨日からメディアで騒がれております『鳥インフルエンザ』

熊本県で約11万羽が殺処分・・・県は違いますが3年前同様九州で・・・

日本全国可能性はあるのでしょうがどうして九州なのでしょうね
周辺諸国(中国や韓国など)から渡り鳥が飛来しやすいのかな

結局原因は今でも想定としてしか発表されていませんね

渡り鳥がウィルスを日本に持ち込む・・・のはわかります
重要なのはここから先ですよね

鶏舎に持ち込むのは
ヒト、水などの可能性も挙げられていますが【ネズミ】が最も可能性が高いとされています。

ウィルスに感染した渡り鳥の糞がネズミを介して鶏舎に持ち込まれるのだそうです

社団法人全国家畜畜産物衛生指導協会などのホームページで色々対策が書かれていますがネズミの入る隙間の無い鶏舎ってあるのだろうか

と素朴な疑問が・・・

あっ鶏舎内に手押し噴霧式の消毒器具を設置する事が推奨されてましたね
私どもの容器や器具が設置され、鳥インフルエンザ感染予防に役立って欲しいものです

今回は養鶏農家さんや自治体の対応が早かったとの事ですが、感染は広がっていかないいのでしょうか・・・
心配ですね~

梅雨から夏にかけて食中毒が猛威を振るう時期に入りますし、感染予防は家庭はもちろん日常生活レベルで出来る事があります。

手洗い、うがい、手指の消毒をしっかりする事が大切なのですよ

私どもの消毒器具を5月から6月にかけて社内販売やキャンペーンで世に送り出す企画も考えています。

これで一人でも多くの衛生管理意識が高まれば本望ですね

時期を見て写真など掲載しようと思います。

ゴールデンウィークまであと半月弱です
それまでしっかり仕事して最高のGWをお迎え下さいね